「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

光・・・

d0199578_17542697.jpg




光射す彼方へ・・・




d0199578_17551430.jpg




光の道しるべは誰にでも降り注ぐ・・・





ご訪問ありがとうございます。最近プレッツェルと言うお菓子にはまってしまいまして
濃厚なチーズ味を必頭にブラックぺッパー味、そして一押しのガ-リックバター味。
きっとビールのおつまみなんかにいいのでしょうが、麦茶片手に私はこれを食しております(笑)(^。^)
今日も一日暑かった~冷たいビールでもぷは~っといっときますか~!!
ってノンアルですけどね~あははは(●^o^●)

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-30 18:07 | | Comments(3)

ビタミンカラ―・・

d0199578_9115654.jpg




ひときわ目を引くオレンジ色・・・生い茂る緑の中で


どうぞどうぞ~お座り下さいな~と吸い寄せられてしまいそう(笑)。




ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-29 09:17 | 散歩 | Comments(2)

夕顔・・・

d0199578_101205.jpg




夕暮れ時から花開く・・・それは白く儚げな夕顔の花。





ご訪問ありがとうございます。今日も暑い一日となりそうですね。昨日は、るろうに剣心を観て来ました。佐藤健君なかなか素敵でしたよ~(^u^)
短い私の夏休みも終わり、今日からまたいつものあわただしい日常へと・・・。


にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-26 10:16 | | Comments(2)

ぶらっとお参りに・・・

私の短い夏休み何して過ごそうかとあれこれ思いを巡らせ今朝起きた時の気分で・・・・
と言うことで、以前から行ってみたかった覚王山日泰寺にぶらっとお参りに行って来ました。
比較的近い所っていつでも行けると言う安易な気持ちで意外となかなか行けないもので、
電車と地下鉄を乗り継ぎ、覚王山駅で降りたものの何処?・・・(-_-;)
近くのコンビニで日泰寺への道を説明してもらい、参道の手前のスタバでひとまず休憩。ソイラテを飲みながら流れ落ちる汗を拭き拭き、フリーペーパーの覚王山マップを見ながら現在地を確認。ちょっと汗がひいたのでさてお参りに・・・・と思いきや、おニューのサンダル履いてきたのが間違いだった!!靴ずれが沢山できて痛いのなんの~楼門前のところで我慢できず見つけたベンチに座り両足にバンドエイドを貼る。
背後に人影が・・・袈裟姿のお坊様が数人(-_-;)恥ずかしい・・・。参道を挟んだ米屋のおばちゃんも私の一部始終を店の奥から見てるし・・・。
照りつける日差しの中ベンチに座るなり、おもむろにサンダルを脱ぎ足の指にバンドエイドを貼る怪しいおばば(笑)貼り終えた後は、何食わぬ顔で楼門をくぐりお参りさせて頂きました。しかし、何故に急に覚王山日泰寺なんだろうね~自分自身妙な感じです。


d0199578_1883253.jpg




d0199578_1884894.jpg




d0199578_189525.jpg




d0199578_1892238.jpg




覚王山日泰寺には、なんとお釈迦様の遺骨が納められているんですよ~。


 19世紀の発掘により釈尊の実在が立証され、ご遺骨がタイ国王から仏教国などに分与されたとき日本の公使(稲垣満次郎)がこれを見聞し、羨望にたえず日本の仏教徒に対してもその一部を頒与せられんことをタイ国王に懇願し、その結果「タイ国王より日本国民への贈り物」として下賜するとの勅定を受けて、外務省を通じ、直ちに日本の仏教13宗56派の管長は協してタイ国国王の聖意を拝受することに決定し、使節団が明治33年6月バンコク王宮にてチュラロンコーン国王から親しく御真骨を拝受し、帰国後佛骨奉安の寺院を超宗派で建立するとお約束を申し上げたところ完成時のご本尊にとタイ国宝の1000年を経た釈尊金銅佛一躯を下賜された。
 その後候補地を巡り意見が分かれ、調整に難渋した結果、名古屋官民一致の誘致運動が功を奏し名古屋に新寺院の建立が決まり、全市上げての協力により10万坪の土地を用意し、明治37年釈尊を表すモ覚王モを山号とし、日タイの友好を象徴するに日泰寺の寺号をもった覚王山日泰寺が誕生しました。この寺院は成立の性格上日本仏教徒全体の寺院であり、いずれの宗派にも属しない寺院であって、その運営は現在19宗派の管長が3年交代で住職をつとめている。日本で唯一の全仏教寺院として特異な存在である。


説明文はサイトよりお借りしました。


参拝に出向いた日と時間のずれで、参道のお店屋さんもあまり開いておらずお土産何も買えず
ほんとにお参りだけで、そそくさと帰りの電車に揺られ家に着いたらちょうどお昼時。
簡単に昼食を済ませ、家の近所にあるスーパー銭湯に行きまして、ジャグジーだの漢方薬サウナだの露天風呂だのを堪能し、お風呂上がりには・・・・


d0199578_18204472.jpg



フルーツ牛乳♪ピーチ味をぐびっといっき飲み!!テルマエロマエ思い出したわ(笑)



そんなこんなで、珍道中の疲れも癒され、帰りにスーパーで食材を買いこうして私の夏休みの1日は終わりました。あっ!!歯医者行くの忘れた~(-_-;)(-_-;)(-_-;)予約をまたしてもすっぽかしてしまった!!




ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-24 18:39 | 散歩 | Comments(2)

ひとり時間・・

d0199578_9105359.jpg





ぶらっと何処かに足を延ばしてみようかな・・





ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-24 09:13 | 何気ない日常 | Comments(0)

雲とあそぼ♪

d0199578_19392252.jpg




ご訪問ありがとうございます。今日は一日寝て曜日でした~寝過ぎで頭が痛い(-_-;)

明日から3日間は、私の夏休み♪何して過ごそうかな~トリックアート展を観に行くか

映画を観に行くか・・・。たまにはのんびり寝転がって空を眺めてぼ~っとしたいな~。


にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-22 19:51 | | Comments(3)

青と緑とそして白・・・

d0199578_10485092.jpg




d0199578_10491446.jpg




d0199578_10494235.jpg




青と緑とそして白…朝の光でひときわ鮮やかに。



d0199578_10563692.jpg




青と緑とそして白…そよぐ風に一瞬の涼を感じながら。




d0199578_1142144.jpg




青と緑とそして白…さあ、思いっきり深呼吸しよう♪





ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-20 11:08 | | Comments(3)

花の咲く時・・・

d0199578_11122781.jpg





今日も笑顔の花が沢山咲きますように・・・。





ご訪問ありがとうございます。疲れがじわじわ溜まり、それがじわじわ出てきているのか、昨夜はなんと9時前に睡魔に襲われ、後片付けもろもろを息子に頼み自分の部屋に行き、べッドに横になりさて寝ようかとしたら、猫の鳴き声が・・・遠慮がちに一声にゃあと・・・。
ん?!黒いひとはリビングにいたし、福も和室にいたし・・・。誰??????
外からの鳴き声ではなかった!!恐る恐るべッドの下を覗きこんでも何も居ない。
天使猫となったちぃちゃんだったかな・・・この時点で、眠気はぶっ飛びちぃの鳴き声っぽくなかったような・・・とか考え込んでしまった(-_-;)う~ん、どなた様~???
とにかく、寝よ!!とちょっとびびりながら、本を読みつつ寝て行きました。


にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-19 11:32 | | Comments(1)

ひとやすみ・・・

d0199578_16513869.jpg





時には、一休みしましょうか?・・・







ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-15 16:55 | 何気ない日常 | Comments(3)

葉っぱ・・・

d0199578_232697.jpg






d0199578_23264754.jpg






久しぶりにこの前いつもの公園に行ってみました。数か月ぶりにデジイチを持って・・・。
爽やかな朝の心地良さを撮りたいなぁ~とカメラを構えて1、2枚撮ったところでバッテリ―切れ!!確認せずにきたからおバカよね~笑。サブのコンデジ持ってきて良かった♪
いつもなら2時間ぐらい散策して行くんだけど、そそくさと15分ぐらいで切り上げ帰宅。
じりじりと陽射しが強まり限界でした~暑かった。。。



ご訪問ありがとうございます。


にほんブログ村
[PR]
by soratoirodori | 2012-08-12 23:41 | 何気ない日常 | Comments(3)